えぞ式すーすー茶 ブタクサ

MENU

【シーズンコラム】 秋の花粉飛散注意報!ブタクサとは?

 

スギやヒノキほどメジャーではありませんが、毎年悩まされる人の多いブタクサ花粉。
ブタクサ花粉には、どのような特徴があるのでしょうか。

 

ブタクサとは

 

ブタクサは、キク科の植物で、よもぎに似た葉っぱと細い茎の先に密集する黄色い花が特徴です。
道端や河川敷などに生えており、北海道を除き、日本全国どこでも見ることができます。

 

ブタクサ

 

ブタクサ花粉の飛散時期

花粉症というと春のイメージですが、ブタクサ花粉のピークは秋です。
地域によって多少差がありますが、九州では9月から10月にかけて、東北では8月から9月が飛散時期です。

 

 

ブタクサ花粉症の症状

他の植物と同じく、鼻づまりや目のかゆみといった症状があります。
ただ、ブタクサの花粉は他の花粉に比べて小さいため(スギ花粉の半分ほど)、
気管支に入りやすいという特徴があり、喘息を引き起こすとも言われています。
そのため、「喘息草」とも言われています。

 

 

花粉症になりやすいタイプ

最近は、誰でも花粉症になるリスクが有ると言われています。
その中でも、皮膚が弱くかぶれやすかったり、アレルギー体質の方が花粉症発症リスクは高いです。

 

 

ブタクサ花粉対策は?

マスク・メガネなど花粉を体内に入れないようにしたり、家に入る前に花粉を払ったり、
洗濯物や布団は外に干さないといった一般的な花粉症対策が有効です。
また、天然の原材料をしようした自然食品、
サプリメントなどを使用することで体質改善をすることも効果的です。

ブタクサに対してえぞ式すーすー茶は有効?

 

一般的な花粉症で悩む人は春に多いですが、ブタクサ花粉で悩む人は秋に苦しみます。ドラッグストアに行っても、花粉対策のものはあまり取り扱いがなく、つらい気持ちを抱えている人も多いです。

 

 

そんな人にもおすすめなのが、えぞ式すーすー茶です。

 

 

えぞ式すーすー茶は、その名の通り鼻がすーすー通るようになるお茶です。
慢性的な鼻づまりにも効果的ですが、花粉症による鼻水鼻づまりにお悩みの方にも最適です。ブタクサ花粉など、秋に飛散する花粉にも効果が期待できます。

 

 

というもの、花粉でもハウスダストでもくしゃみや鼻づまりに悩むメカニズムは同じだからです。
ウイルスやハウスダスト、花粉といった異物の侵入に過剰反応した体が、
守るためにヒスタミンというくしゃみや鼻水の原因となる物質を出すため、
つらい症状に悩まされるのです。

 

 

えぞ式すーすー茶は、
眠気を引き起こさずにこのヒスタミンの放出を抑えるはたらきがある「甜茶」をベースに作られています。
さらに、そこに抗菌力に優れ、細胞膜を強化してくれる「クマザサ」や
免疫の過剰反応を抑える「赤紫蘇」がバランスよく配合されています。

 

 

薬ではないので飲み過ぎることなく、
日常から飲み続けることで、ブタクサ花粉が飛散してもアレルギー反応が起きにくい体になるのが
えぞ式すーすー茶なのです。

 

公式サイト案内用バナー